ケータイ小説 野いちご

総長に恋したお嬢様Ⅱ

嫉妬して

憐斗side

「っ…怖いよっ…」

そう言われてはっとした。

俺…なにやってんだ…

でも憤った心はおさまらない。

溜まり場に帰ってきたら

玲は真の方チラチラ見て、

心ここにあらずって様子で。

< 77/ 447 >