ケータイ小説 野いちご

総長に恋したお嬢様Ⅱ

付き合いはじめて

憐斗君と付き合うことになって数日が経った。

あの日、告白されたあとに正式に竜龍で

私が姫になるって言われたんだよね。

なぜか葵君、宗君、真君は元気がなかった。

「どうしたの?」

私が聞くと

葵君は

「うう〜…」

と言って走り去ってしまったし

< 1/ 447 >