ケータイ小説 野いちご

好きなのはお前だけ。~年上幼なじみに背伸びな恋~

1*stepup
縮まった距離

翌日…………。




「おはよ、茉音」



サラサラのショートヘアを揺らす彼女──。



あたしの心友、大野芽唯(おおのめい)。



可愛いというよりは綺麗という言葉が似合う、自慢の心友。



少しクールなところがあるけど、ホントはすっごく優しくて思いやりがある美少女。



「芽唯──……助けて」



あたしは机に突っ伏した。



「どしたの?また遼さんのこと?」



芽唯は感づいた。



あたしの悩みといえば遼くんのことばかり。



「色気がないって──………」



それはわかってるよ。
どうしようもできないもん…。



色気なんて作れない……。



遼くんの好きなタイプにはなれないよぉ。



< 12/ 399 >