ケータイ小説 野いちご

神様修行はじめます! 其の四

常世の島へ


「お岩さんホラ、しっかりして。立って」


あたしはお岩さんの目の前にツカツカと歩み寄り、腕をグイグイ引っ張り上げる。


「証拠がないなら、探せばいいんでしょ? お岩さんがそう言ったんだよ?」


体から力の抜けたお岩さんが、意味が分からない、といった表情でボンヤリとあたしを見上げた。


絹糸も訝しげに問いかけてくる。



「証拠を探す? 岩と遥峰が兄弟である証拠をか?」


「違うよ何言ってんの! 逆だよ、逆!」


あたしは肩口の絹糸を片手でパシッとつかみ、自分の目の前にグイッと持ってきて叫ぶ。


「お岩さんとセバスチャンさんが、兄弟じゃない証拠を探すの!」



だって確証は無いんでしょ?


それはつまり、ふたりが兄弟じゃない可能性だってあるってことじゃんか。


じゃあもう、探すしかないでしょ。あたしはその可能性に賭ける!



「確率は低いぞ? ほぼゼロに等しい」


「等しいだけで、ゼロじゃないんでしょ?」


「それはそうじゃが、だが、小娘よ・・・」


「確かめもしないで、勝手に答えを決めつけられないよ」



あたしだって、あのおじさんがそんな事する人とは思えない。


じー様や永世おばあ様だって、やっぱりあたしや家族を裏切ってなんかいなかったし。


だから今回の件だって、ただの勘違いかもしれないじゃん。


笑い話にできるかもしれない。


でも、何もしないで黙っていたら、確実に悲劇なままなんだ。


セバスチャンさんとお岩さんの心の奥底に、鋭いトゲが深く突き刺さったまま、一生抜けない。


< 155/ 697 >