ケータイ小説 野いちご

終わりと始まりの物語

つよがり

 強がりは、私を強くしていく。
 少しだけ込み上げる怒りと、寂しさと、切なさ。
 その全てを飲み込んで、グラスのカクテルを飲み干す。

「ほらほら、また悪酔いするよ」

 バーのマスターはそんな私を見かねてすかさず水を出す。

「いらない、さっきと同じの作って」

「……じゃあ水飲んでからね」

 ニッコリするマスターに言われるまま水を口に含む。
 さっぱりした柑橘系の香りが鼻をくすぐり、舌に酸味の刺激と甘い後味が広がる。

「……水、じゃない」

「美味しいでしょ? レモンを砂糖につけて出た汁を、水で割っただけなんだけどね」

「へえ、優しい味だね」

 ───マスターみたい。
 次いで出た言葉に、マスターはニッコリ優しい笑みを浮かべる。

「彼氏と別れよっかな」

 氷の浮かぶ水面は、私の強く縛り付けた心の口を緩める。
 彼氏が居ても、満たされないこの心。
 会えてもホテルで抱き合い、済ませば用があるとすぐ離れていく。
 愛なんて感じなくて、私だけが彼の人になりたいと必死で追いかけていて。
 甘さもすっぱさも、苦味で消えていた。

「彼氏と別れたら、もうここに来ることもなくなるかな?」

 不意にマスターが寂しげにそんなことを言う。
 驚いたが、私がまるでやけ酒にここに来ていたみたいな言い方にも聞こえた。

「ひっどー。私、マスターに会いに来てるの! マスターのカクテルが大好きなの!」

「それならいいけど……」

 すっと出されたカクテルが、光に照らされ暖かみのある橙に映る。

「私、彼と別れたらすぐここに来るからね。慰めてね」

「分かった。じゃあその時は、僕の切実な恋煩いの話も聞いてほしいな」

「え? 何なに!? 絶対聞くよ!」

 ほんのり赤く見えるのは、この橙がマスターに反射してるからだろうか。
 照れたマスターが何だか可愛くて、一口カクテルを飲みながらマスターを見つめる。

 みんな、恋をして。
 酸いも甘いも経験して。
 そこから何かを得て、強くなる。
 強がりは、外見だけを強く見せ、内側をぶよぶよに腐らせてしまう。
 息抜きをさせてくれる場所は、本当の自分をさらけ出せる居場所なのかもしれない。

「マスターもここも好きだよ」

 ほぐれた心に、優しい気持ちを抱いて言葉が零れる。

「僕も好きです、ここが」

 好きな人に会えるから───マスターの言葉に、私の胸はくすぐられる。
 マスターの好きな人が羨ましい。
 優しい仕草も言葉も、全て愛に満たされているのだろう。

「いいなあ、マスターに想われてる人。私もマスターみたいな人に想われたかったな」

「えっ、」

「マスターなら大丈夫だよ。絶対上手く行くよ」

 優しくて素直な、マスターみたいな暖かい女性。
 そんな人なら、マスターも幸せになれるよ。

「……そこまで言うなら、彼氏と別れたらさっさとここに来てね。その日に告白して絶対成功させるから」

「分かった。何かドキドキしちゃうね!」

 強がりのない、幸せな場所が見つかりますように。
 愛のある、日だまりのような日々にマスターが包まれるように。
 今までにないマスターの浮かべた最高の笑顔は、私の心に寂しくも温かな気持ちを残していった。

< 2/ 5 >