ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

やさしい死人

第一話 昔の記憶
第三話 これからも…


桃(…??ここどこだろう?)

そう思っていると誰かが桃香を呼んでる。

桃(??誰だろう?)

?「…香…桃香…桃香っ!!?」

桃香は目を開けた。
すると目の前には亜希がいた。

桃(さっきから私を呼んでたのは亜希ちゃんだったんだ…。)

亜「っ!?良かったぁ~。気がついたっ!!」

桃「私…どうなって?そうだっお母さんっ!お母さんはっ?」

亜「??お母さん?」

桃(やっぱりいないか…(苦笑)心の中に…。)

桃香の目に涙がにじんだ。

亜「っ!?えっ!?何っ!?どうしたのっ!?」

桃「ちょっとね…。」

桃香はさっと涙を拭いた。

桃「何でもないよ。…??ここ…どこ?何があったの?」

亜「あぁ…。私…後ろから桃香を押したつもりはないけど、押しちゃったみたいで桃香…こけちゃったのね…。」

桃「私…後ろから声かけられるの…なれてなくて…。」

亜「ごめんね…。それで…気絶しちゃったみたいで、私の家が近かったから担いで来たの。こう見えても力持ちなんだから。」

桃「ありがとう亜希っ!」

亜「うん…。!?いっ今っ亜希って亜希って呼んだっ!?」

桃香はニッコリ笑った。

亜「桃香が笑った顔初めて見た。」

亜希はニヤニヤしながら言った。

桃「それでさ…何か…その…お礼とか…さ…。」

亜「えっ!?いいよお礼なんて…。」

桃「えっでも…。」

亜「あっそうだっ!」

亜「じゃあさ…一緒に遊ぼうよっ!?」

桃「えっ!?」

亜「ダメ…かな…?」

桃香はお母さんの言葉を思い出した。

桃(美「もちろん、友達とたくさん遊んでたくさん笑う事も入ってる。」)

桃香は元気良く返事をした。

桃「もちろんっ!遊ぼっ!



それから桃香が笑顔を絶やすことはなかった…。



< 12/ 12 >