ケータイ小説 野いちご

【完】恋の病はあいつのせい!?

◇俺だけ見てればいいの。




「はぁ・・・」



結局あの日、あの空間にいることがいることが恥ずかしすぎて「か、帰る!」ってあいつに伝え全力疾走で家に帰った。



あいつもそれを止めることなく、追いかけてくることもなく・・・


なんの連絡もとらず月曜日になってしまい、なにも喋ることなく昼休みを迎えてしまった。



「中宮、ため息ばっかうるさい」



「今井、相談にのってほしい!」



一瞬、キョトンとした表情を見せたけどすぐにいつもの表情に戻り「別にいいけど」と了承してくれた。



< 92/ 311 >