ケータイ小説 野いちご

君が好き〜先輩への想いだけは誰にも負けない〜

運命…!?




いつもは一時間前にこの電車に乗ってるらしいけど、私に告ってきた日はたまたま朝練がなかったらしい!


もし、朝練があったら…?


私達は結ばれなかったかも知れない。



そう考えると、これは運命なのかな?(笑

なーんてね(笑


< 36/ 38 >