ケータイ小説 野いちご

夢...?

―――――――――
「…………………」

誰かが呼んでいる、気がする。
でも、何と言ってるのか聞き取れない。
聞き返そうと口を開く。

声が出ない。
「…っ…」
泣いて…るのか…?
ごめん…ごめんな…
"俺"は心の中でそう、何度も何度も呟いた。

[あの子]に聞こえることを願って…
―――――――――

< 1/ 7 >