ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君と願ったたった一つのもの

二人傘




今日もまた、雨が降っていた。





「今日はちゃんと傘持ってきたよ‼︎」






私は陸登に自慢するように傘を見せる。






だけど陸登も…






「持ってきたけど⁇」





…。






「うぜぇ」






「なんがや」






もういいや。






私は傘を指して学校を出ようとしたその時だった。






「あれ⁇…佐野先輩⁇」






そこにいたのは紛れもなく、佐野先輩だった。






「あ…美来ちゃん」





「こんにちは」





「美来ちゃん今帰り⁇」






「あ、はい」





「そっか」






よくよく見ると、佐野先輩は傘を持ってなかったのが見えた。






「佐野先輩もしかして傘…」






「ははっ、今日は忘れちゃったんだ」






と、笑いながらそう言う佐野先輩。






よし。






これは前のお返しだ。






「良かったら入りませんか⁇」






言えた。






すると佐野先輩は






「え、でも…」





「家まで送りますよっ」





「いやー、それは悪いからさ。オレが美来ちゃんを家まで送るよ、傘を借りていいんだったら」





「私は全然大丈夫です」





「良かった。なら行こうか」






その時やっと気づいた。






陸登がいなかったと言うことに。






きっと先に帰っちゃったんだ。






佐野先輩との話がついそっちに集中しちゃって。



< 6/ 26 >