ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君と願ったたった一つのもの

二つ上



それからと言うもの、その男の人を見かける事が多くなった。





私はすれ違うたびに挨拶を交わすようになっていた。





そんな日が続き、一ヶ月が過ぎようとしていた頃だった。





「あのさ、今から少し時間ある⁇ちょっと話そうか」





そう、放課後その彼が言ってきた。





名前もなにもまだ知らない。





ただ分かっていることは、私より二つ上の先輩だと言うこと。





「はいっ」





そして…この先輩の爽やかな笑顔に
惹かれてしまったこと。






< 2/ 26 >