ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 電車
    • 寄り添い

    電車に揺られながら目が覚める。いつの間にか寝てたみたい。隣には彼の寝顔。私はずっと彼の肩に頭を預けていたようだった。
    こんな日はいつも付き合った日のデートのことを思い出す。
    あの日は告白しようって意気込んで緊張してたのと遊園地ではしゃぎすぎたので私はとても疲れていた。電車で帰りながらウトウトして気付いたら寝ていた。その時も彼は肩を貸してくれていて、私が倒れないよう支えてくれていた。
    あの日は本当は途中で目が覚めたんだけど、そっと目を開けた時、私を見つめる顔があんまりに優しいもんだからドキドキして目を開けられなかった。
    今度は私が支える番だからね。隣で寝ている彼の頭を私の肩に持っていく。そっと覗き込むととやっぱり好きだなと思った。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 急接近

    「ねえ、ネクタイってどう巻くの?」

    唐突にやってみたくなってそこそこ仲のいいクラスの男子に聞いた。

    「こうやってここを回して…」

    なんか上手くできない…

    「違うんだよなぁ」

    「わかんないよー」

    「貸してみ」

    彼が私の前に立つ。いつもよりも近い距離感にドキドキした。このドキドキが伝わってないかと心配になり、またドキドキした。彼もドキドキしてくれてたらいいのになーなんて。
    それまではただの優しい同級生だったのに一気に気になり始めて、今では目で追っちゃってます。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 公園
    • 告白

    「もう!お母さんなんて知らない!」
    私は家を飛び出した。勢いで出てきた手前帰りにくい。
    だんだん空も暗くなってきたし、寒いし、最近不審者情報もあったからちょっと怖い…
    私はとりあえず近くの公園のブランコに座った。
    「君、おじさんの家に来ないか?」
    知らないおじさんが話しかけてくる。断ると腕をがっしり掴まれ、私は恐怖と後悔で泣きそうになった。
    「菫!」
    突然飛び出してきた人影がおじさんを殴った。
    「おい、お前何してんだふざけんな」
    数分後おじさんは警察に連れていかれた。
    びっくりした私は腰から崩れ落ちた。
    「菫、大丈夫か?」
    そこに居たのは幼なじみの隼人。中学生になってからは関わりがなくなっていたのに。
    「桜さんから家出したって聞いて探してみれば何してんだお前」
    緊張がとけて涙が溢れ出る。
    「俺がお前を守るからもう泣くな」
    私は隼人の胸に顔をうずめた。
    「助けに来てくれてありがとう」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

指定された小説の情報がありません。

トップ

▲