ケータイ小説 野いちご

心を忘れた少女


心なんて必要ない

捨ててしまえばいい

友達もあの子たちだけでいい

世界に色はない

あの日に誓った

あの日から

私は『心』というものを捨てた

< 4/ 74 >