ケータイ小説 野いちご

流星


秘密のお仕事

ワタシ、皆月 流(みなづき ながれ)

高校1年生


ワタシには、幼なじみの彼氏がいます



「よぉ!今日は珍しく早いなあ」


「まあね!今日は学校早く終わったし」



コイツが、ワタシの幼なじみ兼彼氏

櫻田 星(さくらだ しょう)


なんでもできる、いわゆる天才というやつです。


星とワタシは学校が違う


星は、ワタシと違って、頭がいいので、N校という、この地域で1番頭がいい学校へ、トップで入学。


ワタシはというと、まあ、そこそこのレベルのB校に入りましたとさ。

< 2/ 4 >