ケータイ小説 野いちご

幕末カレシ~新撰組に飼われた蝶~

愛しい人


「…ん…」

目が覚めると首にズキリ、と小さな痛みがあった。
…そうだ、私…

「鈴音…」

暖かい、懐かしいような声が聞こえた。

「土方さん…」

「鈴音ちゃん、ごめんね、君を守れなかった」

「沖田さん…いえ、そんなことないです。私、何度も皆さんに守られ、助けられました」

そう言って微笑む。

いつの間にか土方さんの胸板が目の前にあった
そして土方さんの腕の中に居ることにきづく。

「土方さ…え?…」

広い背中に手を回すと、ぬるり、と温かい何かが手につく。
…血だ。

「土方さん!怪我を…!!」

「大丈夫…だ…このくらい…」

そう言いつつも、意識が朦朧としているのか、言葉が途切れている。

「土方さ…」

「トシ!おい、新八、一!トシを運んですぐに治療を!」

近藤さんが駆け寄り、永倉さんと斎藤さんに指示を出す。
じんわりと視界がぼやけて揺れ、涙が頬を伝った。




< 63/ 114 >