ケータイ小説 野いちご

幕末カレシ~新撰組に飼われた蝶~

蝶々に




ーー...これが、私の過去です。」

伏せていた目をゆっくりと開けると、みんなは深刻な顔を俯かせていた

「...あの...驚...キャア!」

突然大きな体に抱きしめられた。

「ちょ...!!近藤さん!?」

土方さんが慌てる

抱きしめたのは近藤さんのようだ。

「鈴音ちゃん...!!辛かっただろう?今までよく頑張ってきたなぁ!!もう...泣いていいんだぞ!」

近藤さんはまるで自分の事のように泣いてくれた。
そのことが心にしみて、今まで我慢していた私の涙腺が緩み、涙が溢れた

「...はっ!ごめんよ鈴音ちゃん!傷を放ったらかしにしてしまって...痛むだろう?...ちゃんと傷を見せてくれるかい?」

近藤さんはパッと私から離れ、そう言った。

「い、いえ...っ!はい。ありがとうございます...」

こくり、と頷いたのを目の前の土方さんは優しい顔で見つめ
「俺達こそ、鈴音、お前の話をしてくれてありがとう。...それじゃあ改めて、手当をするから...おい!お前らそこに居てもいいがあっち向いてろ!」

周りにいた沖田さん達に土方さんはそう言った

「「えぇー?」」

「あ゛?」

「...すいませんでしたあっち向いときます」

そんなやりとりが微笑ましくて思わず緩む頬。そんな私の頭を土方さんはポンポンと暖かく大きな手で撫でる



< 29/ 114 >