ケータイ小説 野いちご

幕末カレシ~新撰組に飼われた蝶~

白百合の痣



見られた...

ここまで見られてしまっては隠しようがない。

私の身体にある痣は、脚だけではない。
脇腹まで痣は広がっている。

着物を着たらちょうど上手く隠れるように痣は"つけられている"のだから。

嗚呼、これからどうしよう...

すると目の前にいる土方さんは真剣な目で私を見て、口を開いた。

「鈴音...その痣の話を俺達にしてくれやしねえか...?...っとその前に俺達の自己紹介をしねえとな」



< 20/ 114 >