ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

幕末カレシ~新撰組に飼われた蝶~

出会い



ゆらゆらと揺れる暖かい何かが心地よい。

ザワザワと何人かの声が聞こえる

まだ外なのだろうか、虫の声も微かに聞こえてくる

「...ん...」

「...あれ、目、覚めた??」

透き通ったあの声がやけに響いて聞こえた

私はその声の主におぶわれているようだ



< 11/ 114 >