ケータイ小説 野いちご

黒の傀儡姫Ⅲ※修正予定

▼CHAPTER 5
▽5*2




  (二)


  ▽梓side


「どっか行くときは呼んでってあれほど言ってあったよね?」


『ごめんなさい……』


「両足骨折してて、他のところも酷いのに、歩けると思ったの?」


『………』


「無事な右手まで怪我したらどうすんの?もう何もできなくなるよ」


「桃李~、杏莉泣きそうだよ~?」


「そもそもね、絶対安静って言われてるのに動くなんて……」


あ、泣いた


涙をためていた銀の瞳から涙がこぼれ落ちる


それをみて、罪悪感に駆られたらしい桃李は顔を歪めた


網のネットをつけている杏莉の頭を桃李が撫でる



< 42/ 273 >