ケータイ小説 野いちご

黒の傀儡姫Ⅲ※修正予定

▼CHAPTER 5
▽5*1




  (一)


  ▽桃李side


「ごめんっ、ごめんなさい!」


「……杏が自分で飛び込んだんだ。萌衣は悪くない」


「でも……っ、ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!」


「もう……黙って。手術が成功することを祈るしかない」


「……杏が死んだらお前殺す」


萌衣を睨み付けたカイ


「カイ……頭冷やしておいで。今すぐ殺しそう」


「杏が死にかけてるのに、桃は冷静すぎなんだよ」


「ここで俺が焦ってもなにも変わらないからね。……新崎と蓮は帰った、か」



< 2/ 273 >