ケータイ小説 野いちご

秘密の時間-私と僕の時間-

チュー、しよ?




「ただいまぁ…」



「りーくん、お帰り♪」



「ねぇ、襲ってもいい?」



「りーくんならいいよ」



家に変えると私は先生のことをりーくんと呼ぶ。



今はりーくんの家。



誰も見てないし誰も見ない。



「さぁ茉妃流、特別授業を始めよう」



そういうとりーくんはベットに私を押し倒す。




< 3/ 16 >