ケータイ小説 野いちご

ご主人様に監禁されて

ご主人様とお姫様
お姫様と執事


◇◇◇


その翌朝である。



「あら、おはようございます、ルイさん」



自分の朝食を終え、コックの元へメイの朝食を取りに廊下を歩いていた時だった。

朝から眩しい天使の笑顔を見せてくるリルにルイは驚愕した。

揺れる黄金の髪、白い肌、燃えているかのような瞳。



そして、そして一一



「姫様…そ、その格好は?」


「あら、みたことがございません?」


クルリとターンして、チェックのスカートが揺れた。


紺のブレザーに、星をイメージした校章、ピンクと紺のチェックのスカート。


どこからどう見ても、制服である。




「いや、ありますが……なぜそのような格好を?」


「まあ、登校するためですわ」


ふふふ、おかしなことをおっしゃるのね、と、口に手を当てて笑う。


「…………」


驚きのあまり固まってしまったルイであった。



< 54/ 265 >