ケータイ小説 野いちご

ご主人様に監禁されて

ご主人さまに監禁されて



◇◇◇



季節はめぐり、しんとした冷たい空気に包まれた朝。


以前より日が登るのが遅くなったな、と目が覚めたばかりのルイは一人思った。


あの事件の前までは違うベッドで眠っていたが、今やふたりは同じベッドに寝ている。


メイのシングルの天蓋付きのベッド、少し狭いが、それも今日までだ。

腕の中ですぅすぅと寝息を立てる愛しい人の頭を撫でながら、優しく呼びかける。


「メイ、朝だぞ、起きなさい」


「……やぁ、です」


相変わらず寝起きはすこぶるよくない。

苦笑しながら、ルイは耳元で魅惑の言葉をつぶやいた。


「……今日の朝食はシフォンケーキだと言っていたぞ」


「!し、ふぉん!」


勢いよく起き上がったせいか、ルイの顎にゴツンと頭が命中した。


< 254/ 265 >