ケータイ小説 野いちご

絶対的愛情

★★




あれから2週間が経った。

研究チームを外されることはなんとか免れ、仕事に復帰。

瀬戸さんは3日間寝込んだらしい。


まだ咳が続いていると、昨夜の電話で言っていたのを思い出す。


ずっと昔に置き去りにしてしまった感情を、彼女と出逢って思い出したような気がしたあの日の夜。

研究しか、なかった僕の毎日に…。


「あ、もしもし?私。今夜、食事でもどうかな?」


「もうスキャンダルは懲り懲りだ」


彩美からの電話。やっと復帰できたのに、謹慎になりたくなんてない。

この前放送された『しゃべりまくろう tonight』では、僕との交際の真相を彩美がぺらぺらと話していた。

今は付き合っていないのにも関わらず。


「それに、テレビで余計な事を喋らないで欲しい。僕と彩美はもう…」

「私は俊介とやり直したい。本気でそう思ってる…それも含めて話がしたいの」


「…僕は今大事な研究がある。チームを外されそうになったんだ。今度また騒ぎになれば、次はない」


彩美は暫く黙った後、静かに言った。


「少しはまともになったと思ったのに、相変わらず研究の方が大事なんだ…」


研究の方が大事だなんて、言っていないけれど。そう捉えられても仕方のないことだ。

それでも分かって欲しいと思うのは、僕のワガママなのか…


.

< 44/ 70 >