ケータイ小説 野いちご

絶対的愛情

☆☆☆☆☆





「…………え」



全身に、鳥肌が立った。



夜のニュースのトップに、『小嶋 彩美 空港到着!恋人お出迎え』というテロップと一緒に映像が流れていた。


小嶋 彩美が小走りで、抱きついた相手は…



「俊介…」



一昨日会ったばかりの、彼だった。


彼が話していた学生時代の恋人って、小嶋 彩美の事だったんだ。


『バレンタインデー帰国、その熱々ぶりに報道陣もビックリで…』


世界が真っ暗になって、全ての音がかき消される。

そうだよね。お互いに嫌いになって別れたわけではないから、再会して付き合い出す可能性は充分にあるのだ。


私なんて、相手にされなくて当然。


あんなに可愛いくて、地位も名誉も手にした彼女なら…



これ以上見たくなくて、テレビを消した。


涙が溢れて止まらない。



ただの一目惚れから、こんなに好きになっていたことに気付いても…



手が届かない。


遠すぎて、遠すぎて…


見えなくなってしまった。




.

< 27/ 70 >