ケータイ小説 野いちご

絶対的愛情

☆☆☆




「あれれ?どうしたのよ、出勤早々今日はしかめっ面?」


みなみが真似して下唇をへの字に曲げて見せる。


「外回り行ってくる…」


「ちょっと、美優?」


今月は営業成績が良くない。
プライベートのせいになんてしたくないけれど、私の場合はすぐ仕事に影響が出る。


『結局僕の恋人は、研究です』


『僕は、そんな人間です』


屈託のない笑顔。思い出したら何だかムッとする。

そりゃあ、私は『笑顔が可愛らしい女性』ではないけれど。

彼を好きな気持ちは誰にも負けない、と思う。

誰にも…。


営業用の車に乗り込んで、鏡に向かって笑いかけてみる。


まだまだ始まったばかりだし。


そう簡単に諦めないって決めたんだ。



.



< 15/ 70 >