ケータイ小説 野いちご

激甘警報発令中!恋人たちの甘いラブ・ジュレ

α.彼との戯れ

私たちはサービスエリアへ入った。

彼は熱いコーヒーを買い

私はバニラのソフトクリームを買って

一度車に戻った。

車内はコーヒーの香ばしい匂いが漂った。

私はソフトクリームのてっぺんをひと口食べた。

「味が濃くて美味しい。」

「どれ?」

彼は私の手を握り

ぱくっと大きく食べた。

「ブラックだからちょうどいい甘さだ。」

ソフトクリームは渦巻きがなくなって

コーンの縁まで減った。

「ちょっと食べ過ぎじゃないの?」

私がむくれて言うと

彼は素知らぬ顔をして答えた。

「俺のひと口はそれくらいだよ。」

「んもぉ。」

私はコーンをかじりながら残りを食べた。


< 1/ 24 >