ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

優しい手で。

*これから*










「.............」




圭ちゃんのお墓の前で手を合わせる。





「........行くか。」




そう言って立ち上がったヒロ。




「......うん。」




私は気になったことを思い出した。



「......あっ......ねぇ、ヒロがいつも圭ちゃんのここのお花、供えてくれてたの?」




「......ん....まぁな.....」




「...そぅだったんだ。 ....でもここで会ったことってないよね?」




「.....そうだな....ま、俺、もう一ヶ所行ってるからな..」




「.....紗希....さんの...?」




私がそう言うと、ヒロは空を見上げて優しく笑った。




「............あぁ...」





__その横顔を見ていたら、


ヒロが前に言っていた紗希さんのろくでもない彼氏
とは本当はヒロ自身のことだったんじゃないかな?


......なんて思ったけどそれを口には出さなかった。






「........ねぇヒロ。...圭ちゃんになんて言ったの?」




そう言うと、ヒロはこっちを向いてニコッと笑った。




「....歩道橋で初めてしゃべった日。...圭太が大切にしてたルイのこと、喰っちゃって悪かったな って。」




「.....なにそれ.....」




「....ってか、お前が聞いたんだろ....」




「.....ねぇ、あの時、圭ちゃんと私のこと知ってて、
........なんで私を抱いたの?」




「....なんでだろうな。...欲求不満だったからかな…?」




そう言って笑ったヒロ。




「.......あっそ。」




「......冗談だよ。...なんていうか、お前、今にも消えて無くなっちまいそうで.......だから...俺、いつの間にか、お前に声かけてたんだ...。...ってか..よくわかんねぇよ。」




そう言って頭を掻くヒロ。




「........ヒロは.....私のこと...好きなの...?」




私がそう言うと、ヒロは視線を下に向けて微笑んだ。




「.....さぁな...」




「.....ふぅん...」




すると、ヒロは片方の口角を上げて、私をみた。



「 つーか..お前こそ、俺のこと好きなんじゃねぇの?」




「....はぁ...何言ってんの...」




「.....俺の病室でわぁんわぁん泣いてたくせに…」




「.....それは....」




「.....しかも、....俺のこともいつの間にか、ヒロって呼んでるし....」




「....じゃぁ.....もう呼ばないっ..」




私がそう言うと、ヒロはハハッと笑って
私の頭をわしゃわしゃと撫でた。




「....わぁったから....ヒロって呼べよ...な?....ルイ。」




そう、子供に言い聞かせるようにヒロは私に言った。





「.....ヒロ...」




「.....おぉ。」




「.....ありがとう...」





私が小さく言った一言は吹いた風で消えてしまった。






すると、ヒロは微笑み、私の手を握った。




繋いだその手は温かくて、優しかった。








__なぁ、圭太。


圭太が大切に護ってきたルイは

俺がもらうな…? いいだろ?...もう三年も経ったんだ。

これからは俺が護っていくから。

心配すんな。.....それと、ヤキモチ妬くなよ?

圭太は俺にとってずっと変わらない

たった一人の大切な親友だからな。

圭太のこと一生、忘れねぇから。





__ねぇ、圭ちゃん。


圭ちゃん、今まで本当にありがとう。

私、圭ちゃんのこと疑って、ごめんね。

圭ちゃんと過ごした時間は私のすべてでした。

過去(イママデ)も現在(イマ)も未来(コレカラ)も

ずっと圭ちゃんが大好きだよ。

私は一生、圭ちゃんのこと忘れないからね。









「.....圭ちゃんは...ずっと
私達のなかで生き続ける。」





「........あぁ。」










__そう言って私とヒロは、

どこまでも続く、広い空を見上げた













*end*

< 14/ 14 >