ケータイ小説 野いちご

白いジャージ短編集

ーあなた色に染まりたいー【もみじ目線】
新たな恋の予感



-新たな恋の予感-


忙しさのおかげで、先生のことを思い出す時間が少しだけ減って来た。

大学生活にも慣れ、特定のグループもできた。

「モミジ~!三鷹君のことどう思う?」

大学で一番最初に友達になった聡美からの相談。
いやな予感。

「どうって?」

「彼女いるのかな?」

同じ学部で、背が高くて、親切で・・・・・・

誰からも好感を持たれるタイプの子。

顔は先生みたいな男らしい感じじゃなく、ジャニーズ系の甘い顔。

少し染めた髪は、ナチュラルなパーマ。

古着系のオシャレな服装に、人なつっこい笑顔。

一目見て、あ~もてそうって思うようなタイプ。




< 17/ 19 >