ケータイ小説 野いちご

白いジャージ短編集

ーあなた色に染まりたいー【もみじ目線】
真実


-真実-



真実を聞かされた時。


悲しい気持ちと、申し訳ない気持ちで涙が出そうだった。


どれだけ直さんに辛い想いをさせてきたんだろう。


罪悪感。

と同時に・・・・・・

悔しい気持ちも。



早く言ってくれればいいのに。

私、最初はそんなに本気じゃなかったもん。


どうして言ってくれなかったの?



そんな気持ちにもなった。




< 11/ 19 >