ケータイ小説 野いちご

白いジャージ短編集

ーあなた色に染まりたいー【もみじ目線】
好きな人は体育の先生


-好きな人は体育の先生-

月曜日の2限目。

だるくてだるくて、数学の授業を抜け出した。

友達と廊下にしゃがみ込んで、窓から差し込む光を見つめていた。




「こらぁ~!!授業中に何してんだ?」


大きな声。

大きな体。

っ、誰だよ!

せっかく気持ち良くサボッてんのに。


「今、授業中だってわかってるか?」


見上げた私の上に立っていたのは

超爽やかな先生だった。


「は~い」


適当に返事をした私達に向かって・・・・・・


「授業中に抜け出してるからこそ話せることもあるんだよな」

ニヤリと笑って。


そんなことを言ってくれた。


何、この人。

教師だよね?

なんで?

なんで怒んないの?



「そうそう、いろいろ悩みもあるんですよ~」

と友達が言う。



「でも、今は授業中だ。ほら、早くたて!」



黒い肌に白いジャージがよく似合う。


腕まくりした腕の筋肉がハンパない。


「仕方ねぇな」


とため息をつきながら、私達の頭をコツン、コツンと叩いた。



それが最初の出会いだった。








< 1/ 19 >