ケータイ小説 野いちご

<完>孤独な姫さんは世界一の総長 上

3章




ーー倉庫前




目の前にはどでかい建物。




瑛「・・・行きますか」




神楽は後ろでブツブツ言ってる。




そして前を歩く瑛十について行った。





・・なんか。




此処に入っちゃいけない気がする。




今更だけど。



この扉があいたら・・絶対後悔する。




瑛「・・紀優さん?」




足を止めて私を振り返って見た。





此処で、入らないと来た意味がない。





浪駕と私の関係。




なんとなく興味があるから私は・・




紀「・・行こうか」



と言って、重い足を進めた。

< 90/ 378 >