ケータイ小説 野いちご

<完>孤独な姫さんは世界一の総長 上

2章



紀優side




校門へ出ると、既に南先生がいた。





教室からは、野次馬らが顔を出している。





目の前には、フードを深く被った男等。







??「・・・久しぶりだなぁ?」





理事長の知り合い?





??「・・そうだな。」






??「相変わらず、和義さんと咲哉さんは顔立ちが変わらねぇこと。」





和「そんな数か月で変わるか!!!」





と理事長の一発。





??「あの時以来。だな」






咲「確かに」



と南先生。





ーーバン!!!!






といきよいよく校門へやってきたのは、












さっき別れた龍陽達。








< 68/ 378 >