ケータイ小説 野いちご

*深海の底で。~もうひとつの人魚姫~*

*真珠の涙*


「っつ!! クライド……クライド。

ごめんなさい。ごめんなさい。


貴方を傷つけるつもりはなかったのに……」


 案の定、フランは自責の念を抱いていた。

「フラン、自分を責めずともいい。俺を助けるためにしたことだ」


 あの時、フランのことで頭に血が上っていた。

 奴らの息の根を止めたその後、俺の身がどうなるのかということを考えてさえいなかった。


 フランがいてくれたからこそ、人間を殺さずにすんだ。

 こうして、罰せられることなく生きていられる。

 感謝こそすれ、フランを責めるなど誰ができるだろうか。



 そういう気持ちを込めて、フランの目尻に溜まる涙を親指で拭ってやる。


 すると、フランはふたたび口をひらいた。



「わたし、私は……貴方のことが……好き……なのに……。

サメから助けてくれたクライドに一目惚れして……クライドに近づきたくて、やっと同じ大人になれたのに、それでも子供扱いされて……。


イラってしたら、後先考えずに人間の世界に行って、捕まって……。


その結果、大好きなクライドを傷つけてしまった……ごめんなさい。ごめんなさいっ!」



< 18/ 22 >