ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

手の届かないキミと

想ってくれる人。



ゆっくりと気温があがるにつれて、

浜辺にはどんどん人が押し寄せてくる。

とってもいいお天気で、今日は絶好の海日和だ。


リョウさんのいる海の家をあとにして、私たちはクラスの集合場所へ向かう。

もうすぐ、私たちのクラスの集合時間になる。

集合場所のサンドビーチの看板の前には、先に西村くんたちが到着していた。


「よっ!ハルと古畑、おはよ!」

「はよ。」

「おはよう…!」

私とハルくんが二人で登場したら、何か言われるかな…って思ったけど

西村くんたちは特に気にする様子もなく、ハルくんを交えて話を再開しはじめた。





< 94/ 466 >