ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

手の届かないキミと

おまけSS。
好きだった人。



Side ハル


「おい」

放課後、亜季を家まで送り届けてから、俺はサトルんちを尋ねていた。


「あれ、ハルくんじゃん。久しぶりだね~」

でも用事があるのはサトルじゃなくて、まるで俺が来るのを知ってて待ってたとでも言うように

見え見えな知らないふりを決め込んでいる、この、サトルの姉のほうだ。


「なーに、サトルならまだ帰ってきてないけど」

「知ってる。カラオケ行くって言ってた」

「そう。ハルくんは一緒に行かなかったの?」


あくまで何も知らないとでもいうように、そんなことを聞いてくるミチル。

でも俺はわかってる。

一体何歳のころから知ってると思ってるんだ。

そう俺が思うように、ミチルも思ってることはきっと一緒だろう。

ミチルがその顔をふっとゆるめた気がした。


< 457/ 466 >