ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

手の届かないキミと

ハルくんの恋人。



ハルくんに電話しなきゃ…。


そうは思いつつも、結局私はかけられなかった。

だって、

ハルくんが電話に出ても何を話していいのかわからないし、

もし、ハルくんが電話に出なかったら…

そう考えたとき、ハルくんの隣には他の女の人がいるんだなって思ってしまうから。


遊ばれてもいい。

だから私は、自分で傷つかない方法を見つけていかなきゃいけない。


< 42/ 466 >