ケータイ小説 野いちご

カラダ探し~第三夜~

最終日









苦しい……。










昨日の夜、赤い人に殺されて、目覚める前にまた夢を見るのかと思ったけど、今日はそうでもなくて。


もう朝になっていて、私はまぶたを開いて天井を見ていた。


何が苦しいって、赤い人に殺された事もそうなんだけど、なぜ私が昨日、龍平を抱きしめなきゃならなかったのか。


いつもの私なら、たとえ殺されると分かっていても、龍平なんて見捨てて、階段を転がるように下りて、何とか逃げようとしていたはずなのに。


事実、龍平が落ちて来るまでそう思っていたし、それが龍平の願いだから生き延びてやるって思ってたのにな。


だけどあの時、私の手を握り返してくれたのがうれしくて、離れたくないって思ってしまった。


「ふぅ……今日で最後か」


身体を起こして、部屋の中を見回すと……今日は美紗はいない。


必要ないと感じたのか、それともただ来なかっただけかは分からないけど、後で会うから今、いなくても問題じゃないんだけどね。


それにしても……私が龍平なんかをねぇ。









バカだし変態だし。


胸が苦しいのは、龍平が気になってるからかな。


でも、私はひとつの決意を胸に秘めて、ベッドから足を下ろした。


龍平だけは、絶対に好きにならない、と。

< 531/ 646 >