ケータイ小説 野いちご

かくれんぼは終わらない…

第二章
変わったこと…



あの事件から月日は流れ私達は高校生になった

そして今日は入学式
私は式の時間よりも数時間早く家を出た

おっきな紙袋とお花を持って

私達四人は高校生になると同時にほとんどバラバラになった

れいちゃんは私と同じ高校
でも高校に入る前町でスカウトされ芸能人になった

ゆうりちゃんは頭が良く私達とは違う国立の高校に入った

みおんちゃんは私立のお嬢様学校

月日が流れるのは怖い…
毎年必ずお墓参りをしようと約束していたが中学に入り四人でお墓参りに行かなくなった

お墓参りに行くのは私とみおんちゃんくらい…

『はぁ…みんなバラバラだなぁ…』

そんな事を思いながらみいちゃんの家に向かった





< 16/ 29 >