ケータイ小説 野いちご

日本刀と青春

ざわつく


俺は、内藤に頷き日本刀を取って鞘をゆっくり払って真剣を見せた。


キラキラしていると言うよりギラギラしていた。



もしかすると、これで人を切っているのかも知れない。


或いは、人を殺しているのかも知れない。



そういう刃のギラギラな感じが俺の心をざわつかせた。


何度もこの刃を見ては、心に何かを与えられていたが、今回の抗争とこれが俺の中で結び付いた時に心がざわつくのを押さえられなかった。


俺は、中腰のまま日本刀を横にないだ。


内藤が、びくりとする。


内藤の立てた髪の上を真剣が通った。


内藤は、立ったまま何も言えないようだ。


「よし、これを使うか。」


「今度の喧嘩に使うのか?無茶苦茶だよ。」


一雄が、小さな声で言ったが俺の中のざわめきは、収まらなかった。


こういう、興奮ざわめきは俺は求めていたのだ。


内藤が、よしと大きな声を出した。



< 8/ 14 >