ケータイ小説 野いちご

日本刀と青春

決戦


決戦の日が決まった。


土曜日の夕方六時から七時だ。


まだ、秋なのでその時間は明るかった。


一時間でどちらが優勢だったかで、勝ちが決まる。


そういう交渉は内藤と一雄がやっていた。


相手は舐めていると内藤が笑いながら俺に話した。



参戦する連中は、鉄パイプやチェーンや木刀を用意し始めていた。



俺は、そういう連中から短めの鉄パイプを 譲って貰った。


下見には一人で行っていた。


河原は広く足場も良かった。


その日が来た。


二人ほど居なくなっていたが、俺達は興奮していた。


俺は、興奮を押さえながら皆の前で話した。


「必ず勝つ。殺す気で行け。かといって本当に殺すなよ。これが有る限り俺達が勝つ。」



そういうと鞘を払って真剣を出した。


皆はおー!と声を挙げた。



< 10/ 14 >