ケータイ小説 野いちご

カタオモイ






★瑛美乃side★



両親は、私を愛してくれなかった。

私は、望まれた子じゃない。

だから私は、愛されたかった。




でも両親は私を愛さない。

テストで良い点とっても。

スポーツで良い結果残しても。

生徒会長になっても。

良い子でいても。





私を愛してくれなかった。





私は常に、愛してほしかった。

必要とされたかった。





「僕、滝川さんのこと、好きなんです」



初めて告白されて、嬉しかった。

成績をいくら良くしても、良い子にしても、誰も私を愛して、必要としてくれなかったのに。




「よろしくね」




私は即、オッケーした。








< 30/ 38 >