ケータイ小説 野いちご

カタオモイ






☆☆☆


次の日、私は学校に朝早く連絡して、遅刻することにしました。

私、一応テストで赤点取ったことないので、留年する心配も怒られる心配もありません。

過去の私、グッジョブです!



私は学校の前を通り過ぎ、あの家へ向かいます。

自然とドキドキして、心拍数が上がります。

心臓、壊れないか心配です・・・。



着いたのは、3階建ての、私のお家よりは大きいアパート。

足音をたてないよう、静かに階段をあがります。

目的の場所は、3階の1番奥ですからね。



表札に名前はありませんが、ここはあの人の家。

愛しい愛しい、あの人の家。



1回深呼吸して、しゃがみます。

ポケットから針金を取り出し、鍵穴に差し込みます。

すぐにカタンッと鍵の開く音がします。

さすが私ですね!



扉を開くと、静かで暗い室内。

息を吸い込むと、あの人のにおいがします。

ああ・・・愛おしい。



私は階下に響かないよう、音を立てないで、そっと中を歩きます。

綺麗に整頓されていて、ますます大好きになりました。

机の上に乗るパソコンは、昨日ハッキングしたモノですね?

カレのパソコンになれるなんて、このパソコン幸せですね。

毎日、彼に触れるんですから。



この家も、この家具も。

ここにあるモノたちは、彼の全てを知る・・・。






< 16/ 38 >