ケータイ小説 野いちご

いじめられっこは美少女

如月未来


ドンッ

「あら、ごめんなさい。影が薄すぎて居る事に気がつきませんでしたわ。」

私にわざとぶつかって来ておいてよく言うわ。
今、私の目の前でクスクスと上品に笑っている、いかにもお嬢様です!って感じのこの人は私を虐めている人達の首謀者如月未来。
毎朝毎朝よくやるわ。私なんか慣れて来ちゃったよ(笑

< 13/ 32 >