ケータイ小説 野いちご

Life in being 〜余命〜

One year left 〜残り1年〜
過去


中学1年。

それは新しい生活に胸を躍らせる時期。

私もそうだった。

小学校は普通に元気だったし、普通に友達も大勢いた。

というか、結構輪の中心系の奴だったと思う。

元々は話すのは大好きで、おしゃべりな方だった。

だから、中学もそんな普通の生活を送るんだと、

そう、思ってたんだ。

ーーー…。

それは突然だった。

咳が止まらなくて、ゲホゲホやっていたので、風邪かな?って思って病院に行った。

最初は普通に薬をもらった。

けど、それでも止まらなくて、変に思った医者は詳しい検査を受けろと、大きな病院に行かせた。

そこで告げられたのは、ニュースかなんかでよく言ってる病気。

“肺癌(はいがん)”だった。

左胸の肺に腫瘍があるらしい。

最初は呆然。

というか、信じられなかった。

私が癌になるなんて、全然想像してなかったし、

これはなんかの悪い夢だと思った。

それでも、現実は残酷で、すぐに入院となった。

何度も手術した。

何回も何回も、腫瘍を取り除いてもらった。

けど、それと同じ数だけ、腫瘍は転移して来る。

左胸には一生残る傷を負った。

それでも、最初は我慢した。

友達だって、心配して見舞いにも来てくれたりした。

「愛、大丈夫?」

「早く元気になりなよ!」

励ましてもらうのは嬉しかった、

まだ幼い私は、ただの言葉に救われていたのだ。

けど、現実は甘くなかった。

「あのさ…愛…。」

「何?」

「私たち、もうここに来るのやめるね。」

「え?」

「なんか、その、勉強も忙しくなったし、部活もあるし、その…だから…」

「ちょっ、ちょっと待ってよ!私たち友達でしょ?」

「う、うん…」

「じゃあいいじゃんか!来てよ!!」

「ーっ!だから、迷惑だって言ってんの!!」

「なっ…」

「私たちにも都合があるの!あんたなんかもう学校来れないんでしょ ?じゃあもういいじゃんか!」

『うんざりなんだよ!』

それは私の心に深く突き刺さった。

心にポカリと黒い穴が空いた。

もう人は信じない。

まだ中学生の私がそう思う理由には十分過ぎた。


< 5/ 62 >