ケータイ小説 野いちご

Life in being 〜余命〜

One year left 〜残り1年〜
弘樹side



最初に会った時、綺麗な子だと思った。

髪の毛は抜けてるし、化粧もしてない。

けど、その子は高校生に見えないほど、大人びていた。

柄にもなく心臓が暴れ出す。

なっなんだこれ⁉︎

これってまさか…。

一目惚れか⁉︎

あまり自分では言いたくないが、女には不自由したことがなかった俺。

元々そこらへんの媚びる女は嫌いだったから、いつも適当に付き合ってた。

けど、なんだか愛は他の女と違って。

すごく、綺麗だったんだ。

そんな愛の力になりたい。

心の底から思った。

そして、今。

一通り話し終えた愛は、一筋の涙を零した。

なんで、こんな普通の子が、

普通に生きたくてたまらない子が、こんな目に合うのだろうか。

ずっと苦しんでいたのだろう。

自分への苛立ちと、周りへの苛立ちがごっちゃになって、

とにかく苦しんでいたんだ。

そう思うと、こちらまで泣けてくる。

って、何言ってんだ俺!

俺はカウンセラー。

こういう時こそ、愛を励ましてやらなきゃいけねぇじゃねぇか!

「えっとよぉ…その…。」

あぁ〜っ!!

こういう時ってなんでなんも出てこねぇんだよ!

一人で頭を抱えていると、愛はクスリと笑った。

「えっ?」

なっなんで笑うんだよ。

「あっ…ごめん…。なんか面白くて。」

そう言って、また笑い出す。

その笑顔はなんだか穏やかで、すごくかわいかった。

また心臓が暴れ出す。

「あのさ、別に同情してもらいたくてこの話したわけじゃ無いから。」

一通り笑い終えると、そう付け足した愛。

「私ね、同情されるのとか、一番嫌いなの。なんか、見下されてる感じするし。」

みっ見下すって…。

なんか、こいつってホント、どこまでもひねくれてんな。

「でも…、久振りに本音聞いてもらった。余命宣告されてからは誰にも本音言ってなかったし…。」

…でも、やっぱりほっとけねぇな。

「じゃあ、これからは俺に何でもいいな。どんなことでも受け止めるから。」

古臭いセリフだけど、愛がそれで気が済むなら、俺は…

「うるさい。調子のんな。」

「ちょっ…それは傷つくぞ!」

ホント、こいつと分かり合えんのかね、俺。

てか、どーすればいいんだよ?



< 11/ 62 >