ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

俺が嫌いな理由

高校時代
……。

「…あ…。ゆあ…。おい!由吾!!」
「は、はい?」
俺が目を開けると、心配そうな皐月さんの顔のドアップが映った。

どうやら、 夢を見ていたようだ…。なんとなく、そんな気もしたけど。

「ビックリした。うなされてたから。」
「いえ、何でもないです。お、おはようございます。」

俺の言葉に、皐月さんは苛立ったのか眉間にシワを寄せた。
「な、何か?」
「今度、そんな喋り方したら…。」
皐月さんは、俺の首もとに顔を近づけて…チュッと音を立てた。

ビクッ!!
あ、また…。思い出したくないことが…。頭に浮かぶ。

俺はとっさに、皐月さんを引き剥がしていた。
「チッ!!」
ヒッ…俺は、恐る恐る舌打ちの方を向くと…鬼の形相の皐月さんがいた。
「ご、ごめんなさい!!」
…。
「お前、さっきいったこと…忘れちまったのか?」
「え?…あ。」
俺は、後退りをしようと腕に力をいれた…けど、体が固まって動けない!!

すると、皐月さんはニヤリと口角をあげてまた首もとに顔を近づけた。
や、やられる!!!!

「…フッ、体震えてる。」
…あれ?
皐月さんは、顔を戻すと、優しく頭を撫でた。
「そんなに…怖くなっちまったか?」

あぁ…。ダメだ。このままこの人に心なんか開いたら…また、傷つけられるだけ…。

< 9/ 21 >