ケータイ小説 野いちご

至上最強の総長は私を愛しすぎている。~DARK NIGHT~Ⅰ

-13-

「優月ちゃん」


教室移動からの帰り道。


いつものように、みんなの輪に入っているのか入っていないのか微妙な距離でついて歩いていた時。


掛けられた声に顔をあげると、そこには見知った顔があった。


「七海さん!」


同じ制服を着て同じ学校だと分かっていたはずなのに、実際校内で会うとまた特別嬉しい気持ちになる。


頭をさげて、七海さんに近寄った。


「こんにちは」


衝撃の出会いから数日たち、あれから一度も本部で会っていないものの、親近感が湧いてにこやかに声を掛ける。

< 367/ 485 >