ケータイ小説 野いちご

【続】子持ちな総長様に恋をしました。

5th ~海~










______________
___________
________






あたしは魁の家をでてから、またバイクに揺られていた。





もう時間は遅くなってしまっていて。




もう7時だった。




いくら夏とはいえ、少し暗いし寒い。





「・・・冷夏、寒くないか?」




顔の見えない魁から声がかかる。



ほんと、すぐにわかるのね







「・・・大丈夫よ」




・・・けど、甘えないわ。









・・・そしてあたしたちはそれから30分間バイクを走らせ続けた。










< 232/ 254 >