ケータイ小説 野いちご

【続】子持ちな総長様に恋をしました。

3rd ~小学校~

 







あの後、あたしは幹部室に戻った。





「あ、冷夏ちゃん、おかえり!」




「冷夏、なんや遅かったなぁ」




「あったり前だろ~、冷夏の4年ぶりの
愛の再会……あ、ごめんな、秋」




愛の、と春斗が言った瞬間、秋の眉間に皺がよった。



絶対わざとよ、春斗のことだもの。



「えっと、遅くなってごめんね、秋…」



あたしは総長専用ソファーでくつろぐ秋に
近寄る。



っていうか、はやく矢澤くんに譲ってあげなさいよ。




もう引退したでしょーが。





「…秋?」




何故か黙ってあたしを見つめる秋。




な、なによ…。








< 120/ 254 >